月は魚に日は乙女タイトル画像

Googleアドセンス狩りって何?から始まって対策まで済ませた。

随分ぶっそうなネーミングなので初見はびびった。

Googleが不届き者を取り締まっているわけでなく

どうも第三者による”アドセンスの妨害”らしい。

訪問者すらピーだし、収益なんてピーだけど対策をした。

※ピーは警告(自粛)音です。

アドセンス狩りの手口

  1. 広告をクリックしまくり不自然に数を上げてID主に警告や停止がいくようにする。
  2. 他者のアドセンスID(誰でも見られる)をアドセンス違反のブログに張る

最悪アドセンス停止になるとか。

誤解が解けて解除されればいいけど

時間が掛かったら、その間の収益は無効になるのかな?

自分は収益とかいうレベルじゃないけど

せっかく事前に知ったので、断然やっておいた方がいい。

1.広告の無効クリックの対策

1は後手になるけど、自分から無効クリックの

申請をすればいいそう。

【AdSense ヘルプ 】 クリック数と表示回数 – 無効なトラフィックの定義

上記のページの最下段にある黄色い部分の文

“こちらのフォーム”をクリックすれば申請画面が出る。

ちなみにクリック数はアドセンス画面の“パフォーマンスレポート”

で見る事ができる。

2.違反サイトにIDを張られる事への対策

これが自分から先手を打てる対策。
biog35 - コピー

最終画面をだしているのでグレー部分が多いけど

番号の所を順番にクリックして設定していく。

  1. [設定]
  2. 下にスクロールして[自分のサイト]
  3. サイト項目の右はじの三つの点(設定ボタン)
  4. 出てきたリストの”サイトの認証”をクリック

以上をすると上記のグレー画面が出てくるので、“有効”にして“保存”で完了。

biog36 - コピー

確認はサイト名をクリックして“認証済みのサイト”と出ればOK。

 

新しくサイトを作った時は、ここへ追加するのを忘れずに。

認証以外のサイトでは使用許可しない設定なので

自分のサイトはもれなくリストに入ってないといけない。

入れ忘れても広告は表示されるけど、収益は得られないそう。

以下はAdSense ヘルプのページ。

【AdSense ヘルプ】 確認済みサイトを承認して広告を表示する

 

【結論】色々設定がいる。

訪問者ピーで、収益なんてピーでも

普段からアドセンスページを見ておかないと

いけないということかな。

次から次へと、やるべき事が湧いてくる感じで

けっこう忙しい。

せっかく有料にしてまでブログを続けていく事にしたので、気に入らない広告は表示したくない。 なので、1週間に1回はGoogleアドセンスの"...
Amazonアソシエイト-トラッキングIDの設定
AmazonアソシエイトのIDは基本1つで、そのID名は変更できない。 でもトラッキングIDの追加で、大元のIDとは違う名前で追加IDを複...