月は魚に日は乙女タイトル画像

Amazonの中古本購入で詐欺にあった

Amazonは2002年から利用してる。

中古本もそれなりの数、買ってきた。

詐欺なんてあったことなかったから

警戒心が相当うすれてた。

流れ

  1. 中古本注文。
  2. 出品者住所が日本国内遠方県なので5日以上待つ。
  3. そろそろかと詳細見る
  4. なぜか中国シンセンから発送
  5. 到着情報が出た→めっさ遠い他県に届いてる
  6. 出品者の評価がついていたのでコメントを見る。
  7. 星1個の罵倒オンパレード。同例多数、出品者音信不通。
  8. Amazon保障を使うべく連絡。
  9. 受理され、後日Amazonから返金

●出品者が新規
●発売間もないのに中古出品、半値よりやや上
●発売間もないのに品切れの人気本
●商品に対する説明がない

こうやって羅列してみたら

絶対係るなの要点リスト

自分ボケてました、欲に目ぇくらみました

しかない。

購入前に出品者情報は確認した。

名前と住所(国内)も出してたから

個人出品にしては腹が据わってるなとは思った。

返金されたが流れた個人情報は返らない

妙な着払い荷物が来ないか

気を付けるようになった。

経験者からのアドバイス

  1. 単価1000円以下でも販売部数が稼げる本だと詐欺もやる。
  2. 詐欺にあったらすぐAmazonの窓口に連絡する。
  3. 住所氏名が送り主に知られるという点についてどう思うか。
  4. Amazonで中古本を売ったことあるけど、もうやってない人は
    販売できないように中止手続きしよう。
  5. Amazonは二重認証にする。

この件以外、詐欺にあったことはなかった。

この件以降も、古本は買っている。

だから中古本の購入はやめた方がいい

とは、アドバイス出来ない。

【結論】安いからだけで即決しない。

都合の良い自己解釈には自覚がないことを学んだ。

慣れと欲は目が曇るね。

そういえば、詐欺師は日本向けの荷物コード

どこで手に入れたんだろう?