MENU
占い

暦注を気にしている。

暦注なんて馴染みがない単語だと思うけど、

宝くじ売り場でみかける“一粒万倍日”っていうのがそれ。

仏滅大安より相当マイナーだから、知ってる人も少なそう。

ちょっと特殊なんだけど、宝くじののぼりは身近

暦注とは

暦注(れきちゅう)とは、暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などの事項のことである。
暦注の大半は、陰陽五行説、十干十二支(干支)に基づいたものである。一般に、暦の上段には日付・曜日・二十四節気、七十二候などの科学的・天文学的な事項や年中行事が書かれ、中段には十二直、下段には選日・二十八宿・九星・暦注下段などの事項が書かれる。また、六曜は日付の下に書かれることが多いが、これも暦注に入れる。
暦注の日取りを決める方法を撰日法という。

wikipediaより引用

正直ここまで説明を気にしてなかった

気にしだしたきっかけは友人だったし

宝くじののぼりで見てたから、そんなんあるんだ程度だった。

知ったら気になる

性分だろうけど、気にする。

まったくの新規で何かしようとする時は結構調べるし

お財布買う時は出来れば”一粒万倍日”にしようとか考える。

金運とか開運とか、流れには乗りたいし縁起担ぎまくる。

便利なサイト

暦といったら、ここっていう定番なサイト。

暦のぺーじ

ここの右バーの2エリア目の「その他の暦日計算」からページに行き

下から3番目「暦注計算」で読める。

あとはちょっと表示がうまくいかない事もあるけど

こちらのサイト

よーかい(サイト名がよく分からない)

1日の日めくりのように表示されて読みやすい。

ただ表示がうまくいかない事があって、読めない人もいるかも。

【結論】知ると楽しい。

  • 新しい財布を買う時
  • 宝くじを買う時
  • 気になる大イベントがある時

あまり気にしすぎると不快になるので

ちょっと縁起を担ぎたいから見てみるっていうぐらい

楽しんでやっていくのがいいね。

宝くじののぼり見て、「ああ暦注ね」って思い出すぐらいなんだけど

「凄くラッキーな日だよ!!買った方がいいんじゃない?」の心理をつくやり方は

歴注よりもずっと効力強いよねぇ。

 

アイキャッチ画像
マヤ暦にハマってた。マヤ暦はノストラダムスの予言が終わってから ひそかに世紀末の噂のネタになっていた。 古代文明由来って、なんか説得力あるんだけ...