月は魚に日は乙女タイトル画像

Google音声入力の精度がすごくて便利だった。

アイキャッチ画像

 

音声入力は十年以上前から興味があって

パソコンソフトの購入を検討したことがある。

スマホで音声入力で原稿を書いていると記事を見たので

久しぶりに音声入力をちょっと調べてみたら

すごい精度になってて、びっくりした。

 

パソコンでやりたい

スマホではなくパソコンで作業したいので

Windowsで出来ないかと検索。

Google音声入力に辿り着いた。

作業は手書きの原稿の清書

A4で10枚ぐらいある手書き原稿をword文書化する作業。

こういう作業はエクセル関数みたいに

自動化もできないから、完全に手作業。

流れ

  • Googleでドキュメント作成をして
    ドキュメントの機能である音声入力を使う。

出来た文書をそのまま保存してもいいし

wordに張り付けて使うのもいい。

 

具体的手順

  1. Googleドキュメントを作る
    biog53 - コピー
    biog54 - コピー右下 
  2. [ツール]の[音声入力を]クリック
    biog55 - コピー
  3. 左にマイクアイコンが出るのでクリックすると音声入力開始
    biog56 - コピーbiog57 - コピー
    ※やめる時は再度アイコンをクリック。

     

  4. 文字化した文章をWordに張り付けて完成。

話し始めるとかなりの速さと精度で文字化してくれて驚いた。

今回文章は切り取る為、白紙のドキュメントになり

自動保存されているのでドキュメントは削除した。

ちょっとした事

  • 「、」と「。」が難しかったので、読みながら手入力。
  • 改行もキーボードでした。
  • 個人名、個人団体名は読み上げずに飛ばした。

word文書化の時はヘッドセットについたマイクを使ったけど

この記事を書くときはパソコン本体マイクを使った。

思ったより声を拾ってくれて順調に文字化していた。

最後は気にしすぎというか、なんとなく

【結論】これが無料で使えるのは凄い。

技術の進歩って、本当にすさまじいなと思った。

こんなのタダで使えるなんてね。

昔すぎてうろ覚えなんだけど、過去の音声入力は

音声を拾う為に「自分の声で事前に調整」をしないといけなくて

延々文書を読まされたような・・・。

それでも正確に拾わないし反応も鈍いから

声も大きくなるし、最終的に怒鳴ってた