実はスマホのゲームに課金したのはポケモンGOが初めてで、自分の知っているゲームは買い切り型(CDやカセット)で時代が止まっていた。

ゲーム機本体など"モノ"を買うのとは全く違う経験なので、なんだか奇妙な事のような気がして何日か考えた末の課金。

慣れとは凄いもんで、今ではアイテムセットのボックスはどれを買うのが一番得か吟味するぐらいになり、フェスのチケットまで購入している。

今までの課金額 (随時更新)









































2016年(リリース年) 11,020円(GO Plus購入額含む)
2017年 1,800円
2018年 4,940円
2019年 1,320円
2020年 10,900円
2021年 9,892円(モンボPlus購入額含む)
2022年 2,020円
2023年(5月迄) 0円
合計 41,892円

※ゲーム内での課金に絞っているけど、「ポケモンGO Plus」「モンスターボール Plus」の購入費はポケモンGO専用品なので実質課金として加算した。

※リリース当初はポケ活する為だけに出かけていたので、それの交通費や途中の飲食費も含めると実際は3倍弱ぐらいになりそう。

どこからでも参加出来る限りGOフェスは参加


特定の場所でのみ開催されるうえにケットが抽選制だったGOフェスだけど、2020年からチケット購入すればどこからでも参加できる仕様になった。

現地に行くほど熱心でもないので、どこからでも参加できる仕様になってる限りはチケットを購入するつもり。

モンスターボールPlus便利すぎ早く買っとけば良かった


自動でポケスト回してくれる機能がある事、最近まで知らなかったよ!!

GO Plusは知らせてくれるだけでポケスト回すのは手動、目視はしなくていいけど常に振動に反応してる状態だから気疲れするんだよね。

それで、ポケスト回しが自動で出来るって知ったとたん速攻購入を決めて、ポイントがお得な日までスタンバってた。

楽天で訳ありでお得なのを見つけたから、貯まってたポイント使えて手出しも少なかったし、ポイントもお得についたよ。

未だに何が訳ありなんだろうって分からないけど、楽天のレビューに他の購入者の感想があるから参考にしてね。

知らないうちにボールもアイテムも道具箱一杯に貯まってるのは感動するわ。

予算オーバーの痛みも消し飛ぶ快適さだよ。(気にはしてた)

↓楽天の商品一覧の2段目ぐらいの所赤枠で「訳あり、箱無し」ってあるのがそうだけど、箱に入ってたし(ピカブイの箱だった)新品だったし、接続に手間取ったぐらいでちゃんと使えてる。

[itemlink post_id="6189"]

予算



  • 年間予算は3000円以内


2022年の時点でかなりゲームに飽きてきた。

GOフェスやレアポケのコミュニティデイのチケットだけ課金する予定。

ジム落とすのはやめた


守っているのが自分のポケモン1体だけだとジム落としてから10分以内で帰還してくるし、落とす時間もイライラし始めてきてストレスが増えるだけなのでジム落しはやめた。

全体的にプレーヤーが減ったようで、以前よりジムの空きに遭遇できるからコインはスローペースながら集まってはいる。(ゲーム的にはよろしくない)

各年の感想


 2021年


モンボPlus買ってなかったら、年間予算内に納まってた。

だけど、道具が自動で取れるのでいつもボールが補充されているのは便利すぎて、今まで買わなかったのを後悔したぐらいだから、まぁいいや。

GOバトルしてるけど使えるポケモンもだいたい厳選できたし、やらないリーグのポケモンはぼちぼち集めればいい。

色違いとか100%集めとかは運でいいので、来年からは予算額を減らそうと思う。

2022年


かなり飽きてきた。

GOバトルもシーズンを追うごとに難しくなってきて、スキル的についていくのが難しい。

バトル用のポケモンやアメ収集のために続けているようなものなので、バトルを完全に諦めたらログインするだけになるかも。