月は魚に日は乙女タイトル画像

眠っている貴金属を換金した話。

 

持っている貴金属を買取してもらうなんて

全く馴染みのない事だった。

ここ数年CMもバンバン流れているけど

「金貨とかインゴット持ってないし」って

自分とはハナっから関係ない世界の話と決めつけてた。

よく考えたら指輪が金

元々捨てる派で物は少なくするタイプ。 風水系から始まって ↓ こんまりさん ↓ ミニマリストと進んできた。 何故か断捨離本は...

ミニマリストを目指してたここ数年の掃除で

要らない装飾品と買った装飾品で大きな入れ替えがあり

昔気に入って買って、今は全くつけない指輪が18kだった。

衝動買いしたけど、似合わなくて全くつけてないのもあった。

つまり、いらない貴金属が存在していた

なんて贅沢な話かと自分で思ったけど数もないし

換金したいわけなのでそうでもなかった。

なるべく高く売りたい

  1. 買取価格
  2. 送付にかかる費用の有無

当然店によって買取価格に差があり

店までの送料や、直接店に行く時の交通費等の経費も大事

ものよっては貴金属買取よりブランド買取の方がいい時もあるので

ブランド品ならブランド買取の査定を先にするとといい。

特に銀は貴金属としての買取価格はとても安い。

最高額の買取価格でいくなら別の所になるけど

最高買い取り額との差額も少なく銀も買取してくれる

品物の送料、やり取りのし易さからもこちらに決定!

-送った品物-

  • 金の指輪
  • 素材不明の銀色の喜平ブレスレット
  • 銀の指輪
  • 銀と別素材がくっついた装飾品
  • 銀素材の手芸部品数点

素材不明でも、向こうで調査してくれるので送ることが出来る。

ブレスレットは買取不可素材なら処分してもらうつもりだった。

実際、貴金属でなかったので処分してもらって

銀の指輪には「なんかついてる?」程度の極小ダイヤがあったけど

再利用の価値もないので、いらないからと処理はお任せした。

金属の素材について少し

だいたいK18とか925など刻印のない金属

基本の素材が貴金属外のものがほとんど。

ただし、まぎらわしい刻印もあってK18GFは平たく言うとメッキ。

Gold Filled(ゴールドフィールド)の略で金張りの意味で

普通のメッキよりも厚くて剥がれにくいそう。

送って買取不可の素材だった時の対処も考えておくと

やりとりも早く終わって入金もスムーズと思う。

 

【結論】貴金属は資源。

空き缶もそうだけど、金属類はリサイクル率がいい。

ましてや貴金属は貴重品で価値が高い。

手軽に買える銀も貴金属なので買取価格は安いけど

出来るだけ再利用できればと思っている。

※買い取り成立すると、取り戻しはできないので衝動的に送らないように注意。