ASUS

ASUSの2in1タブレット(Windows8.1)で更新がエラーになってたので対処した

記事のアイキャッチ画像

WindowsUpdate、自動更新でスムーズにやってるはずの更新にエラーが出てた。

なんとか解決できたけど、また起こった時の為にブログネタも兼ねて作業記録を残しておく。

数年前メイン機のノートパソコンWindows7で更新エラーが解消せず、延々残り続けるので専門家に頼んで(有料)ようやく直った事があって、更新エラーにはタチの悪いイメージしかない。

使用環境

  • ASUS 2in1タブレット10.1 inch touch
  • Windows8.1
  • 32ビットオペレーティングシステム、×64ベースプロセッサ
  • CPUタイプ Intel Atom
  • CPU速度 1.33 GHz
  • RAM容量 2 GB/HDD容量 64 GB

エラーの種類

更新エラーの種類の参考画像

失敗した更新は、更新履歴から見るとこの4件だと思う。

思うっていうのは、更新エラーの画面はスクリーンショットを取ってなくて、詳細を覚えてないから。

だけど、確かセキリュリティ更新が含まれていて件数は全部で4件だった。

何度かWindowsUpdateをやり直してみたけど、やっぱり失敗する。

やってみた対処方法

  1. 再起動してみる
  2. Windowsのトラブル解消機能を使って解決する

以上2つ方法が見つかったので、最初は再起動だけしてみて再度WindowsUpdateをしてしてみたけどダメだった。

次は2つを組み合わせて対処してみたら、4件中2件だけ更新が成功したので、もう一回対処手順を繰り返してから、WindowsUpdateをしたら残りの2件も成功して、無事すべての更新が済んだ。

やった事の手順

1.セキュリティソフトを止める

2.コントールパネルからシステムとセキュリティへ

コントロールパネル画像

3.システム→アクションセンターの[コンピューターの一般的な問題のトラブルシューティング]をクリックして次の画面へ

システムとセキュリティの画面の画像4.[システムとセキュリティ]の[WindowsUpdateで問題を解決する]をクリック

3.出てくる画面下の「次へ」を押して画面の指示に従って進む

トラブルシューティングの画面の画像 トラブルシューティングの画面の画像

4.検証作業が終わるのを待ってトラブルシューティングを終了する

トラブルシューティングの画面の画像

5.再起動する

6.セキュリティソフトを止めてからWindowsUpdateをしてみる

7.更新が全て完了したらセキュリティソフトを再開する

自分の場合まず4件中2つの更新が成功したから、また1からの作業を繰り返して、2周目ですべての更新が無事完了した。

めちゃくちゃ疲れた。

【結論】パソコントラブル超しんどい

延べ作業時間が3時間以上かかってると思う。

対処法を調べるのにも時間かかったし、その対処法をやってから更新してみる(これが時間かかる)→まだダメ、を何回も繰り返したから時間だけが過ぎて行く感じ。

もしかして、パソコンで便利になった分の浮いた労力と、パソコントラブルで消耗した労力って釣り合ってるとか?

まさか・・・等価交換?(「鋼の錬金術師」見すぎ)